審査通過条件を確認 安定した収入があれば大丈夫!

これまで正社員以外のケースについて見てきましたが、レイクの審査で1つ気づくことがあります。それは、とにかく安定した収入源を持っていることが、大きな審査通過条件であることです。このことを知ると、「どうせ正社員じゃないから」と自分を低く見ていたことが、非常にバカらしくなってきます。そもそもレイクの言う「安定した収入」とは、正社員じゃなくても良いのですから、アルバイトでも契約社員でも、長期的な派遣社員でも、決して諦めることはないのです。では、レイクが非正規社員の収入以外も、安定した収入とみなすのは、どうしてでしょうか。
もしレイクの利用条件を、正社員のみに限定したら、一気に顧客マーケットが縮小します。今では非正規社員の方が多いぐらいですから、利用できる条件を正社員だけに狭めると、半分以上の顧客を失うことになるのです。これでは、顧客獲得の競争がシビアな消費者金融業界で、生き残っていくことはできません。せっかくの顧客が他社に流れてしまいます。それよりも、色々なバックグランドを持った方々に、レイクを利用できるチャンスを増やしていけば、見込み客が一気に多くなるのです。ビジネスの規模は、見込み客の多さに比例して大きくなります。見込み客が少ないと、1つの企業として利益を上げていくのも厳しくなります。また、非正規社員であっても、返済能力は別の次元でみなされます。収入がそこまで多くなくても、返済日までにきちんと返済できる方は、決して少なくないのです。

国の融資を利用すれば低金利で借りられる!?

国の融資機関を利用するメリットは超低金利であること。
また、それに対しデメリットは必要書類が多く審査に時間がかかる事。
申込条件も色々とあるので、簡単に誰でも借りる事は出来ませんよね。

 

国の融資機関と言うと金融公庫なんかが思いつきます。
けど、この国の融資機関を利用するのは本当に大変なんです。
融資に伴う書類はとにかく色々と集めなくてはいけませんし、審査うんぬんよりも申込を開始したとして、面談なんかもあるんですが、それ自体本当に面倒です。

 

必要書類をまず用意して面談を行い、融資出来るかどうかまず面談の上決められるわけですが、その時点ではっきり、今回は無理ですねと言ってくれれば早いですが、面談では融資出来るかもしれませんとなれば、そこからさらに審査を行うので、相当の日数が審査にかかりますよ。

 

なので国の融資を利用する場合は、相当早くから必要書類を揃えて余裕を持って申込まないと本当に必要な時に絶対間に合いませんよ。

 

銀行でお金を借りるメリット

 

国からお金が借りれればかなり低金利で済みますが時間や手間などを考えると銀行での借入のほうが無難な場合も多々あります。
銀行からの借入は2種類あり窓口で申込相談をするパターンとネットから申込ができるカードローンがありますので状況に合わせて使い分けると良いですね!

知人に借りれば金利はいらない?

 

お金を借りるにあたり、色々な場所での借入が思いつきますが、超低金利で借りる、もしくは金利をかけずに借りるとなると、やはり親や兄弟、親せきなんかが思いつきます。

 

ただ、友人やちょっとした知り合いに借りるとなると、よほど図々しくないと本来は無理ですよね。

 

仮に友達に上手く借りられたとして、すぐに返せればいいですが、予期せぬ事態なんかが起きて返済出来ないとなるとやはり気まずい‥。
知人もやはり同じですよね。
大体、知り合いにお金を借りると言うのは、中々言いだせないのが正直なところで、困っていても中々友人や知人を頼る事は出来ないというのが普通だと思います。

 

ですが、中には、お金を借りるなんて大した事無いって感じに別に気にせずサラッと借りてしまう人もいるわけですが、知人や友人に借りるのは、やはり返せない時を考えると借りない方が無難かなと思いますね。
いくら、金利なく知人なら借りれると言っても、返せないとにはその関係が崩れる事は言うまでもないので、知人等からの借入はいくら金利がかからず借りられると言っても借りるべきではないでしょうね。