審査通過条件を確認 安定した収入があれば大丈夫!

これまで正社員以外のケースについて見てきましたが、レイクの審査で1つ気づくことがあります。それは、とにかく安定した収入源を持っていることが、大きな審査通過条件であることです。このことを知ると、「どうせ正社員じゃないから」と自分を低く見ていたことが、非常にバカらしくなってきます。そもそもレイクの言う「安定した収入」とは、正社員じゃなくても良いのですから、アルバイトでも契約社員でも、長期的な派遣社員でも、決して諦めることはないのです。では、レイクが非正規社員の収入以外も、安定した収入とみなすのは、どうしてでしょうか。
もしレイクの利用条件を、正社員のみに限定したら、一気に顧客マーケットが縮小します。今では非正規社員の方が多いぐらいですから、利用できる条件を正社員だけに狭めると、半分以上の顧客を失うことになるのです。これでは、顧客獲得の競争がシビアな消費者金融業界で、生き残っていくことはできません。せっかくの顧客が他社に流れてしまいます。それよりも、色々なバックグランドを持った方々に、レイクを利用できるチャンスを増やしていけば、見込み客が一気に多くなるのです。ビジネスの規模は、見込み客の多さに比例して大きくなります。見込み客が少ないと、1つの企業として利益を上げていくのも厳しくなります。また、非正規社員であっても、返済能力は別の次元でみなされます。収入がそこまで多くなくても、返済日までにきちんと返済できる方は、決して少なくないのです。